遺言書の開封

亡くなった人が遺書を書いていたということを知らずにいたけれど、ある日突然遺言書が発見された場合、その遺言書は自由に開いてもよいのかわからないという質問がよくあります。この場合には自由に開いても、法律的に問題はないのでしょうか。結果から言うと、遺言書の種類によって変わってきます。

遺言書には自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言の3種類があるのですが、基本的には家庭裁判所に遺言の検認を行ってもらう必要があるので、まずは弁護士に遺言書が発見されたという旨を告げ、指示を仰ぐのか最も確実な方法です。しかし、不動産の遺産相続に関しては、必ず家庭裁判所の検認が必要になるので、このようなわからないことは弁護士に任せてしまいましょう。

遺産相続はこのように難しい点がたくさんありますし、そう何度も遺産相続を行うという経験はしないので、慣れるということがありません。だからこそ法律の専門家である弁護士の存在が重要になるため、信頼できる弁護士を事前に探しておくことが重要です。